経鼻内視鏡

経鼻内視鏡(胃カメラ)とは

カメラのついた細くてやわらかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。
体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。気持ちを楽にして検査を受けてください。


経鼻内視鏡検査のメリット

1. 苦しくない

苦しくない
  • 挿入時につらくない
  • 吐き気や息苦しさがない
  • 心拍数・血圧の変動が少ない

2. 検査中に会話ができる

  • 検査中に医師と同じモニター画像を見ることができる
  • 説明を受けながら、不明点や疑問点をその場で
  • 確認することができる

3. すぐに日常生活に戻れる

  • 車の運転・仕事・家事 気分が悪くなければすぐに可能です
  • 飲食 すぐに可能です。

正しく診断するための注意点

検査の前日

検査の前日
  • 夕食は当院より指定した時間までに済ませてください。
  • アルコールは控えめに。
  • 早めに就寝しましょう。

検査当日の朝

  • 朝食はとらないでください。
  • 歯磨き、少量の飲水は結構です。
  • 薬の服用は基本的にはしないでください。
  • 事前に医師に伝えてください。
  • ガードルやコルセットをつけている場合、検査前に外しておきましょう。

経鼻内視鏡検査を受けられる方へ

検査当日の流れ

【 受付・問診 】
予約時間の20分前には病院に着くようにし、受付を済ませます。
安全に検査を行うため、事前に以下のようなことをおたずねします。

  • 薬のアレルギーはありますか?
  • 血が止まりにくいことはありますか?
  • 耳鼻咽喉科で鼻が悪いと言われたことはありますか?
  • 鼻血はよく出ますか?
  • 血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?
  • 肝臓が悪いと言われたことはありますか?

【 前処置 】


消泡剤を飲みます。
胃の中をきれいにします。


血管収縮薬を両方の鼻にスプレーします。
鼻の粘膜の腫れや充血をとり、内視鏡の通りがよくなります。


鼻腔に麻酔を行います。
局所麻酔なので眠くなりません。


麻酔薬を塗った細かくやわらかいチューブを鼻から挿入します。
鼻の痛みを防ぎ、内視鏡の通りをスムーズにします。
※検査する施設によって、この処置を行わない場合があります。


【 内視鏡の挿入 】
通りのよい方の鼻から内視鏡を挿入します。検査は約10分程度です。


【 検査後 】
検査結果や治療についての話を聞きます。 すぐに帰宅できます。


・わからないことがありましたら、連慮なくおたすねください。
・帰宅後、痛みが強かったり、黒い便が出たりしたら
 連絡するか、来院してください。
・次回来院の指示がありましたら、必ず来院してください。

注意事項

〒180-0022
東京都武蔵野市 境1-9-9
TEL:0422-60-3188
JR中央線「武蔵境駅」より
徒歩2分

かみやま内科クリニック外観
よくある質問
かみやま内科スタッフBlog

QRコード

患者の気持ち
患者の気持ち